エアピカ品質ガイドライン

<品質ガイドラインの目的>

エアピカ品質ガイドラインはお客様にご満足いただける高品質なサービスを提供するために設けられたエアピカが推奨するガイドラインです。是非とも、現場での作業にお役に立てて頂ければ幸いです。

<エアコンクリーニングの手順>

1)資材・道具を搬入する。

①資材・道具を置くスペースを確保する
②養生マットを敷いた後に資材・道具を並べる。
(乱雑に置くのではなく、資材・道具は整理整頓した状態で置く。)

2)現場確認

①養生範囲
・エアコン周辺に家財道具がある場合には移動または養生を行う。

②洗い場の決定
・洗い場は浴室、ベランダ、玄関先などお客様と相談の上決定する。

3)エアコンの動作確認

エアコンクリーニング前の動作確認は非常に重要です。事前に下記の内容をお客様と一緒にエアコンの動作確認を行ってからエアコンクリーニングを行いましょう。

・動作時に異音はないか?
・エアコンの効きは大丈夫か?
・破損個所はないか?
・水漏れはないか?
(水漏れが発生している場合には据付板が逆勾配になっていないか?ドレンホースがまがっていないか?横引き配管になっていないかをチェック)
・ルーバーは上下に動くか?
・ルーバーは閉まるか?

4)室内機のパーツ取外し。

①コンセントを必ず抜く。
②前面パネルを外す。
③フィルターを外す。
④フラップ(風向板)を外す。
*特にシャープの三点留めの風向板は真ん中のパーツが破損しやすいので、慎重に解除してから取り外しましょう。
*特にフラップ(風向板)の取り外し時の破損事故が多いので経過年数が古いエアコンには注意。
⑤本体カバーのネジを外し、本体カバーを取り外す。
--------------------------------------------------
(完全分解の場合は下記もプラスで外しましょう。)
⑥ドレンパンを外す。
⑦ファンを外す。

5)パーツ洗浄

上記で取り外した前面パネル・フィルター・フラップ(風向板)・本体カバーを洗剤を使ってブラッシングをしてから、高圧洗浄機でホコリやカビを取り除く。洗浄後はマイクロファイバータオルでしっかりと水分を拭き取る。

6)エアコンの養生

①エアコンの背板と室内機の間にウエスを挟む。
②電子基盤の養生
・ウエスで電子基盤を保護した後にマスカーで覆う。
*モーター部分に水が溜まらないようにわざと下の部分はスペースを開ける。
③吹き出し口の養生
吹き出し口を養生する。
④天井部分に汚水が付着しないように養生
エアコンの室内機をぐるっと一周マスカーで養生して、上部を天井に貼る。
⑤ホッパーの装着。
ホッパーはマスカーとの隙間を調整して長さの出し入れを行う。

7)エアコンの高圧洗浄

①アルカリ洗剤を熱交換器とシロッコファンにまんべんなく噴霧。
②Jブラシを使ってシロッコファンと熱交換器を擦り大まかな汚れを取り除く。
③ケーシングは専用ブラシでカビを取り除く。
④熱交換器を高圧洗浄機で洗浄する。通常分解でも少しドレンパンを手前に引っ張って洗浄。
*熱交換器は垂直だけでなく左斜め45度と右斜め45度の3パータンで洗浄。
⑤シロッコファンを高圧洗浄機で洗浄
※シロッコファンの洗浄は、ブラシや手などで回転を止めて洗浄を行う。
*右側のモーターの軸に水が入らないように注意。
⑥マイクロファイバーで吹きあげ。

エアコンの組立て

取り外した全面パネル・フィルター・フラップ(風向板)・本体カバーをエアコン本体に取付ける。
*取り付ける際には組み合わせがしっかりされているかチェック。

<消臭・抗菌コート オプション>

EZ-NOTE(イージー・ノート ヒノキ)を水で150倍希釈してアルミフィンとドレンパンとファンに噴霧する。
http://www.consol.co.jp/common/images/pdf/pdf/EZ_NOTE.pdf

<ドレンホース洗浄 オプション>

1)室内機側のドレンパンからドレンホースに繋がる穴から高圧洗浄。
2)室外側のドレンホースの穴から高圧洗浄。
*水を入れすぎると室内機に水が入って故障になるので注意。
3)ドレンホースクリーナーでドレンホース内部の詰まりを取り除く。
4)ドレンホースが横引きになっていないか確認。横引きになっていたら、地面から5cmほど話したところでハサミを使いカット。

<室外機洗浄 オプション>

1)室外機周辺を高圧洗浄機で掃除。
*特に室外機の下にはゴミがたくさんあるケースが多いので念入りに掃除をしてください。
2)室外機の表面をブラシで擦り高圧洗浄機で洗浄。
3)アルミフィンを高圧洗浄機で洗浄
*(注意)高圧洗浄機は必ずアルミフィンに対して真上から真下に垂直に水をあてる。
横からアルミフィンにあてると室外機のモーターの故障の原因になります。
*室外機は絶対に移動して洗浄しない。なぜならガス漏れの原因になるため。

<エコ洗剤 オプション>

エアピカ推奨 エコ洗剤のえがおの力を希釈
https://eco-branch.jp/cn16/corner154/egao.html

<接客編>

1)高圧洗浄機のコンセントは必ずどこを利用していいかお客様に事前確認する。
2)パーツの洗い場所はどこを利用していいかお客様に事前確認する。
3)パーツの洗い場所は使う前より使った後の方が綺麗になるよう掃除をする。
4)必ずパーツを分解した後にエアコンの内部(特に熱交換器とファン)がどの程度汚れているかをお客様立会いのもと写真をとる。
5)洗浄後にエアコンの内部(特に熱交換器とファン)が綺麗になったことをお客様立会いのもと写真を撮り、ビフォーアフターの写真を比べて確認してもらう。

キャンセルの取扱い

お客様都合でエアコンクリーニングのキャンセルが発生した場合には下記のURLの通りキャンセル手数料が発生します。

https://airpika.jp/cancel

【お客様都合によるキャンセル時のエアピカパートナー店のキャンセル手数料の受取分】
・施工確定日から3日以内のキャンセル手数料 仕切り価格(税込み)の100%相当分
・施工確定日から4日~7日以内のキャンセル手数料 仕切り価格(税込み)の25%相当分
・施工確定日から8日前までのキャンセル手数料 仕切り価格(税込み)の0%相当分

ご利用ガイド

お支払い方法

クレジットカード決済(JCB,MasterCard,VISA,AmericanExpress)・PayPay・Amazonpayからお選びいただけます。

※現金払いは対応しておりませんのでご了承ください。

よくある質問

お客様から頂くよくある質問はこちら。是非ともご活用ください。

お支払方法・サービス内容・お申込方法・キャンセル・会員登録等について体系的にまとめております。

お問い合わせ

お問い合わせフォームは24時間受付中です。
お問合せより24時間以内に担当より迅速にご対応させて頂きます。